遺品整理で出た不用品の処分方法とは?

遺品整理では大量の不用品が出ることが予想されます。
その不用品をどう処分するかを考えておかなければ、作業をスムーズに進められません。
遺品の処分方法には以下のようなものがあるので参考にすると良いでしょう。

自治体が回収するゴミとして出す

時間に余裕がある場合は、自分で仕分けをして自治体が回収するゴミとして出すと手軽に不用品を処分できます。
ただし、どの不用品が何ゴミに分類されるかは自治体によって異なるため、事前にホームページなどで確認しなければなりません。
大型の家具や家電など粗大ゴミ扱いになるものは、事前の申し込みや粗大ゴミ処理券の購入が必要です。
回収日も決まっているため、ある程度余裕のあるスケジュールで申し込んだほうが良いでしょう。
冷蔵庫・エアコン・洗濯機・テレビの4品目は家電リサイクル法の対象品目なので自治体が回収することはできません。
リサイクル料金を支払って小売店に回収してもらう必要があるので注意してください。

業者に依頼する

不用品回収業者や遺品整理業者に依頼すれば、不用品をまとめて回収・処分してもらえます。
分別も自分でしなくて済むので手間や時間をかけることなく、遺品整理を終えることが可能です。
もちろん大型の家具や家電なども自宅から運び出してもらえるため、自分で搬出できない遺品がある場合も安心でしょう。
ただし、業者選びには注意が必要です。
できれば複数の業者に無料見積もりを依頼し、その内容を比較したうえで選ぶようにしてください。
最初から1社に絞ってしまうと提示された金額が高いのか安いのか判断できません。
必要な許可を取得しているか・無料見積もりを受け付けているかなどのポイントも必ずチェックしましょう。

福岡市の西日本遺品整理協会は遺品整理の知識を有しています

買取に出す

比較的状態の良い遺品は、買取に出して処分しましょう。
リサイクルショップや買取業者に依頼する方法もありますが、遺品整理業者や不用品回収業者の中には買取サービスを行っているところも多いのでチェックしてみてください。
状態の良い遺品は買取、状態の悪い遺品は回収という形で引き取ってもらえるため、買取対象にならなかった遺品の処分方法を新たに探す必要はありません。
また、ヤフオクやメリカリなどを利用して自分で売る方法もあります。
出品価格を自分で設定できるので、うまくいけば高額で売れる可能性もあるでしょう。
ただし、手間がかかることや、買い手が見つかるまで不用品を処分できないことなどがデメリットです。

SNSでもご購読できます。