農業をはじめたいと思っている方へ!

初心者は家庭菜園から

「農業に興味はあるけど、何からはじめればいいのかわからない…」という方には、まずは手軽にはじめられる家庭菜園がおすすめです。家庭菜園とは、自宅で野菜を育てることをいいます。マンションに住んでいてお庭がないという場合でも、プランターが1つあればベランダで家庭菜園を楽しむことができます。今や家庭菜園は若い人からお年寄りまで幅広い年代に親しまれており、初心者の方でも始めやすい家庭菜園セットやおしゃれで豊富なプランターが、街中やインターネットでよく見られるようになりました。そんな家庭菜園の大きな魅力の一つは、自宅で採れた新鮮な野菜をすぐに食べられるということです。過度の農薬を気にする必要もありません。また、野菜を買う手間を省くこともでき、家計の節約にもつながります。どんな趣味を始めるのにも最初はお金がかかるものですが、家庭菜園に必要な苗や種、土などは比較的安価で手に入れることができるため、初期費用も低く抑えることができます。

貸し農園について

「もう少し広い敷地で野菜を栽培したい」という方にはシェア畑や市民農園などの貸し農園もおすすめです。例えば、市民農園なら年会費1万円前後で15〜30㎡程の区画を借りて野菜を栽培することができます。貸し農園には農業に詳しいアドバイザーが常駐しており、野菜づくりについて的確なアドバイスを受けながら豊富な知識を身につけることができます。なかには農機具・苗・肥料などの農業に必要なものが全て完備されている農園もあり、手ぶらで通うことができるのも魅力です。ただ、都市周辺の土地はかなりの人気で、場合によっては抽選になることも少なくありません。早めに探し始めるか、複数の農園をチェックしておくと良いでしょう。

就農支援制度について

「より本格的に農業をやりたい」、「職業として農業を始めたい」という方向けに「就農支援制度」というものがあります。就農支援制度とは、新規就農者のために、国や農業組合が農業を行うためのサポートをする仕組みのことです。支援の内容は各地域ごとに異なります。例えば就農希望者の間で人気が高い長野県には、新規就農里親制度という農業者のもとで行う2年間の研修があり、農地や住宅の支援まで受けることができます。さらに、農業組合に所属し、給与を受け取りながら農業を学べるインターンシップ研修などの支援も充実しています。

就農支援制度をチェックしてみよう

就農支援制度は全国各地にあります。資金確保のための支援や機械・施設の貸与、販路の提供など、農業を始めるために必要な様々な支援を受けることができ、初心者でも安心して農業を始めることができます。どのようなものがあるのか、ぜひ一度調べてみましょう。自分に合った支援が見つかるといいですね。

薄桜は岐阜県で就農支援事業を展開しています

SNSでもご購読できます。