解体業者の選び方

見積もり内容が明快

解体は日常的に利用するサービスではないので、費用がどれくらいかかるか・どんな会社に頼めばいいのかについては解体を検討する段になって初めて考える方がほとんどです。そのため、業者選びのポイントもなかなかわかりにくくなっています。解体業者を選ぶ際は、リフォームや水道工事などと同様の考え方をとることができます。工事前の見積りが総費用で明快に出され、工事途中に追加費用が発生するケースについても具体的な説明がなされるところに工事を依頼しましょう。複数の業者に相見積もりをもらう手も有効です。悪質な業者の場合、事前の見積りが安く出されても工事途中で何らかの理由をつけて追加費用を請求するといったケースがあります。一度工事が始まってから工事をキャンセルしてもらうわけにもいかないので、費用については工事前にしっかり確認しておく必要があります。

自社施工でマニフェスト発行をしっかり行う業者

解体工事を自社施工で行ってくれることも非常に大切です。下請け・孫請けに工事を依頼する業者はその分余計な費用が発生します。費用面を考えても、自社で責任を持って最後まで施工してくれるところを選ぶようにしましょう。解体作業では産業廃棄物が出るため、マニフェスト(産業廃棄物管理票)をしっかり発行しているかどうかも優良業者かどうかを見極める証です。マニフェストは産業廃棄物の運搬処理を外部に委託する際に発行義務が生じるもので、産業廃棄物をすべて自社処分している業者は発行の必要がありません。しかし、不法投棄をせずしっかりした廃棄処分を行っている業者は多くが信頼できる運搬業者に産業廃棄物処理を依頼しています。

nishiki3561.com

追加費用に関してしっかり確認を

優良業者でも、当初の見積りよりも解体工事費用が高くなる可能性はゼロではありません。特に多いのは、実際に作業してみるまでわからない地中埋設物による追加費用です。地中に大きな岩などが埋まっていて除去しなければいけないといったケースでは、作業に余計な費用がかかるのもやむを得ません。業者から追加費用が発生することを伝えられた際は、その理由について具体的な説明を求めましょう。もちろん、追加費用が必要な場合でもその金額は合理的な金額でなければなりません。地中埋設物以外の残置物処分などに関する追加費用はトラブルのもとになりやすいので、必ず事前に現地調査をお願いして追加費用についても確認しておくことをおすすめします。

SNSでもご購読できます。