船舶免許の種類と受講取得年齢

船舶免許を所持しているとボート、小型船舶といった色んな種類の船を操縦することが可能になりますが、種類によって海域を広げ操縦できる船種、航行する水域が異なってきます。

中でも最も手軽に楽しむことが可能となっている特殊小型船舶操縦士は水上オートバイを操縦することが可能で、航行区域としては湖川と2海里、約3.7kmとなっています。

船の大きさは水上オートバイ、受講年齢は15歳9ヶ月、取得年齢は16以上となっています。最も一般的な免許としてあるのが2級小型船舶操縦士で、ボート、ヨットといったマリンスポーツを代表するものを楽しむことが可能となっています。

2級小型船舶操縦士免許の航行区域としては湖、川、港湾など限定された平水区域と5海里以内、約9kmに適応されています。受講年齢は15歳9ヶ月から取得年齢は16歳以上です。

1級小型船舶操縦士は全てを楽しむことができ、外洋まで航行することができる航行区域制限無しの免許です。受講年齢は17歳9ヶ月から取得年齢18歳となっています。

東京で船舶免許の取得なら「グランシーズ」を考えてみてはいかがでしょうか。
各種船舶免許の取得はもちろん、なんといっても東京にあるというアクセスの良さが魅力的です。
都内最大のアリーナにありながら、国家試験免除のコースを受講することが出来ます。
短期間で取得できるというのも魅力的ですね。

SNSでもご購読できます。