自宅療養サポートの相談は訪問看護に

病気や障がいなどによって療養が必要な人は必ず入院しなければいけないのでしょうか。
答えはもちろんノーです。
生まれ育った場所で安定した暮らしを送りたいという思いを助けるサービスとして、訪問看護というものがあります。

これは看護師や理学療法士、作業療法士などの資格を持ったヘルパーによる看護を自宅で受けることが出来るサービスです。
訪問看護には医療保険、もしくは介護保険を利用することができます。
保険の利用条件としては、それぞれ医師の診断か要介護認定を受ける必要があります。
詳しくは近隣の訪問看護ステーションに問い合わせれば対応してくれるでしょう。

保険を利用すれば実費負担は一割で済むので、生活を圧迫するほどの出費にはならないでしょう。
必要な医療ケアはもちろん、日常生活のサポートやメンタル面でのケアを受けることもできます。

このように訪問看護は病院ではなく自宅で療養をしたいという方の生活を支えるサービスです。

参考:http://www.onewish-mitsuya.com/

SNSでもご購読できます。