男性が嫌がるデートにおける女性の振舞い方

胸に手を当てて考えてみましょう

好きな女性とデートするのは楽しいものですが、中には勘弁願いたいと感じる女性がいることも確かです。
相手の気持ちを思いやる心さえあれば解決出来ることも多いので、心当たりがあるなら改めることをお勧めします。
その中で代表的と思われる、例を以下に示しました。

納得できる理由なら待つのは仕方がない

デートで待ち合わせの場所に予め決めた時間に来ようとおもっても、社会人で急遽仕事が入り遅れる、あるいは交通機関が事故などが原因で遅延する等、想定外のことが起こるかも知れません。
しかしこれはある程度、致し方ありません。
普段はデートに遅刻しない彼女であれば、陳謝するメッセージが届くでしょう。
そして、何処かで時間を潰す等の行動に移れます。

女性の買い物は例外

しかし衣服などの買い物につき合わされ長々とした時間を待つのは別で、苦痛に思う男性は少なくありません。
特に衣服・靴などが対象で、決定するまでに多くの時間を要する場合が往々にしてあります。
今やインターネットで様々な情報が得られる中、予めいくつかの選択肢をしておけば短時間で比較検討できるのではないかと考える男性は多いことでしょう。
ところが女性は、男性のように合理的な判断で買い物をする人は少数派です。
言い換えれば女性は、買い物自体を楽しみたいのです。
さらに言えばウィンドウショッピングという、買わないけれども買い物気分を楽しむという選択肢をとる事も珍しくありません。
とはいえあまりにも長時間待たされると、互いの絆にひびが生える可能性がある事も認識しておきましょう。
ゆっくり買い物したい時は、彼とのデートではなく別日にした方が良いかも知れません。

GOODTIMES(グッドタイムス)は琵琶湖でサップを行っています

愚痴は控えましょう

忙しい仕事の合間を縫って時間を作りデートにこぎつけたとしても、彼女が彼に感謝を示さず、まるで幼い子供のように文句を言う女性がいたら、楽しくなるデートも興ざめするというものです。
彼氏も大人の女性として付き合い、もしかしたら将来結婚したいと考えていたとしても、考えを改めざるを得ないかもしれません。
長いお付き合いをしていたとしても「親しき仲にも礼儀あり」という言葉の通り、文句や愚痴は極力控えましょう。

一般常識に疑問を感じる

出会って間もない女性と初デートをするだけでは、細かな人間性などは図りきれません。
しかし一回のデートで、二回目のデートには誘いたくないと女性も中にはいます。
それは女性というより一人の人間として、会いたくないといった方が適切かもしれません。
お洒落なレストランで食事をする際に、スタッフのちょっとした不手際を許せずに高飛車な態度を取る・くちゃくちゃと音を立てながら食べる等があげられます。

SNSでもご購読できます。