歯医者で塗られるフッ素の効果について

そもそもフッ素とは何か?

フッ素は地球の地殻を構成している元素の中で17番目に多い元素の事です。私たちの体の中やお茶、魚介類等様々な食品の中に含まれており、気づかぬうちに摂取している物質です。歯医者の治療の最後にフッ素を使用するため、歯の治療で使用するための特別な薬品かと勘違いされがちですが、実際はそうではありません。フッ素を大量に摂取してしまうと中毒症状が現れることがあります。歯医者ではフッ素を塗布するため摂取しているわけではありません。市販の歯磨き粉にもフッ素は含まれていますが、それらも摂取するわけではなく塗布しているので歯磨き粉を大量に飲まない限りは安全な物質であることを理解しておきましょう。

フッ素の働きとは?

フッ素の働きは大きく分けて3つあります。1つ目はエナメル質の修復です。虫歯はミュータンス菌が食べ物のカス等の糖質を餌にして、酸を生成し歯を溶かしてしまうことにより進行します。フッ素は酸によって溶けたカルシウムやリンを補い、再石灰化を促進させる働きがあります。2つ目は歯の表面を覆うエナメル質を強化し、酸で溶けにくい歯にすることで虫歯を予防する働きがあります。3つ目はミュータンス菌を弱らせる効果です。フッ素はミュータンス菌が持つ糖を分解する酵素の働きを阻害する性質を保有しています。それによってミュータンス菌の活動を妨害し、歯を溶かす酸の生成を抑える働きがあります。フッ素は虫歯を予防する効果があるので、日々の歯磨きで塗布していきましょう。

http://www.yazaike-dc.com/

歯医者でのフッ素塗布と個人での活用法について

虫歯を予防するフッ素は歯医者で塗布してもらう方法と、日々の歯磨きで塗布する方法の2パターンあります。歯医者で使用されるフッ素濃度は市販の歯磨き粉の約10倍と言われています。そのため、3カ月に1回程度歯医者でフッ素塗布をして貰いましょう。歯医者で塗布してもらうと同時に、毎日フッ素配合の歯磨き粉を使用して歯磨きしましょう。歯磨きの際はフッ素を口内に留めるために、すすぎは1回程度にしましょう。何度もすすいでしまうとフッ素が口内に留まらず、虫歯の予防効果が薄れてしまう可能性があります。また、フッ素の安全性は多くの実験によって証明されていますが、歯磨き粉は食品ではないため極力飲み込まないようにしましょう。歯磨き粉を選ぶ際はフッ素の含有量を確認してみてはいかがでしょうか。

SNSでもご購読できます。