日本で有名な寺院を紹介

浅草寺

東京を代表する寺院といえば浅草寺です。こちらは浅草にあり、下町情緒の残っている街の中で大きな存在感を出しています。創建されたのは628年のことであり、東京における最古のお寺といえるのです。
一年を通してさまざまなイベントが開催されるのが特徴であり、江戸の文化を満喫することができるでしょう。浅草のシンボルといえる存在であり、雷門から参道が続いています。テレビなどで見たことのある人も多いでしょう。周辺には土産物屋や飲食店がたくさん存在していて、観光地として賑わっています。

妙善寺は富士宮市で永代供養を行っていることで有名です

法隆寺

日本を代表する寺院といえば法隆寺です。こちらは607年に建立されてからの歴史があり、世界最古の木造建築として世界的に有名な寺院です。1993年には世界遺産に登録されていて、世界各国から観光客が訪れます。国宝に指定されているものがたくさんあり、放流人を訪れると長い歴史を感じることができるでしょう。多くの仏像が安置されていて、期間限定で特別公開されることがあるのが特徴です。春と秋になると特別公開が実施されるため、異なる時期に訪れると違う展示物を見ることができるため、新たな発見があります。何度訪れてみても飽きることなく日本の歴史の真髄を味わうことができる寺院です。

東大寺

奈良にある有名な寺院の1つが東大寺です。こちらには奈良の大仏として知られる大きな仏像が安置されています。その大きさは14.98メートルであり、9年かけてつくられたものです。また、奈良の大仏のある大仏殿は国内でもトップクラスの木造建築としても知られています。東大寺にはミュージアムが設置されていて、そちらを訪れると重要文化財や国宝などをまじかで見ることが可能です。見どころがたくさんあり、古くからの歴史を感じることができるスポットといえます。

中尊寺

こちらは世界遺産に指定されている中尊寺金色堂があることで有名です。金色堂は建物すべてに金箔が重ねられていることで知られています。また、たくさんの国宝や重要文化財がおさめられていて、その数は3,000を超えるほどです。そのため、美術の宝庫と呼ばれることもあるスポットです。中尊寺の周辺には自然環境が恵まれていて、特に秋になると美しい紅葉を満喫することができるでしょう。隣接して博物館も設置されていて、そちらを含めて日本の歴史の奥深さを味わうことができるでしょう。東京からは東北新幹線によって2時間半でアクセスすることができるため、気軽に訪れることができるスポットです。

SNSでもご購読できます。