怖がる子どもを歯医者に連れていくために

嘘をつかないことが重要

大人でも怖がる方が多い歯医者さんは、小さな子どもにとってはさらに強い恐怖の対象となるものです。しかし虫歯を放置しておくことはできないので、虫歯がある時はお子さんが嫌がっても歯医者さんで治療を受けてもらわなくてはなりません。
嫌がるお子さんを歯医者さんに連れていくために大切なことの一つは、嘘をつかないことです。歯医者さんに行かないからとだまして外出し、やっぱり歯医者さんに連れて行くというのはお子さんとの信頼関係に悪影響を与えます。絶対痛いことをしないなど、保証できないことを言って連れ出すことも同様です。痛い思いをすることもあるけれど、歯を守るために歯医者さんに行かなければならないと誠実に説明するようにしましょう。

普段から歯医者を恐怖の対象としない

歯医者さんが怖いというイメージは、歯医者さんに実際に行ったことのないお子さんでも一般的に持っています。それは絵本やアニメなどで、歯医者さんが怖い対象として描かれていることも関係しています。ただでさえ怖い場所として認識されている歯医者さんについて、虫歯にかかる前から親が恐怖を増長させるような教え方をしている可能性もあります。虫歯にかかったら怖い歯医者さんに行かなければいけないよ、などと脅かして歯磨きをさせてきた場合は子どもが歯医者を必要以上に怖がっても無理はありません。歯医者さんで治療すればおいしくものが食べられるなど、歯医者さんについて良いイメージをもたせておくことが大切です。

秩父市にある歯医者の中でも特に有名です

子どもの生活リズムに合わせて予約することも大切

子どもの生活リズムに合わせた通院時間を選ぶことも重要です。特に小さいお子さんは昼食後に眠気が襲ってきて外出したがらないこともあるので、できるだけ午前中に予約をとるようにしましょう。お昼寝をする時間帯直後にあたる夕方も、お子さんを歯医者に連れて行く時間としてあまり適していません。歯医者さんについたらお子さんをあまり自由に遊ばせず、本を読み聞かせるなど安静にリラックスさせておくことも大切です。お子さんが治療を受けた後は、たっぷりと褒めてあげるようにしてください。多くのお子さんは治療中に泣いてしまいますが、泣いてしまったことを叱るのではなく泣いても最後まで治療を受けたことを褒めてあげるほうがずっと有益です。親御さんから泣いたことを叱られてしまうと、さらにお子さんにとって歯医者がイメージの悪い場所となってしまいます。

SNSでもご購読できます。