屋根修理にふさわしい時期

一般的な屋根材ごとの大まかな耐用年数

広く用いられている屋根材は、材料ごとに耐用年数が変わります。スレート屋根では10年~20年ほどで塗装や修理・葺き替えを検討しなければなりません。鋼板屋根はスレートよりも耐用年数が長い傾向にありますが、こちらも20~30年程度で修理やリフォームをする家庭が多いです。瓦の屋根は一度施工するとかなりの年数長持ちする材質ですが、定期的なメンテナンスが必要となってきますね。どんな屋根材を使っているにしろ、リフォーム時期がいずれやってくることを見越して修理・リフォームのためのお金はしっかり用意しておくことが大切です。屋根以外にも外壁、キッチンやお風呂などの内装リフォームが必要になる時期を考え多めにリフォーム費用を見積もっておくと万が一の時にも助かりますね。

雨漏りする前に屋根の異変に気付くことが大切

多くの家庭が屋根の修理を検討するのは雨漏りの症状が見られる時ですが、雨漏りする前に屋根の異変に気付くことが大切です。雨漏りするということは、それ以前から屋根の部分から家の中に湿気や水分が侵入していたということになります。屋根裏や屋根に近い部分の木材が、湿度により劣化が進んでいる場合も少なくありません。屋根の異変は外から見て明らかにスレートがずれているなどわかりやすく気付ける場合もあります。素人目に見ても屋根の様子が新築から大きく変わっているという場合は、必ず専門家の診断をあおぐようにしましょう。雨漏りをDIYでその場しのぎの修理をする方もいらっしゃいますが、漏電などのリスクを避けるためには専門家にしっかり修理してもらう方が確実です。

藤沢市の屋根修理 ハートランドホームにご依頼ください

風合いが落ちてきた時は防水などの機能も低下

スレートなどの屋根は、経年劣化に伴って苔が生えたり色合いが変わってきたりという症状を示します。新築の時の風合いが落ち、少し古くなってきたように感じるのならそれは見た目だけの問題ではありません。防水機能など、家を守るための屋根の機能も低下していることが十分に考えられます。屋根の機能が低下したからといってすぐに倒壊などを起こすことは通常考えられませんが、災害時の被害が大きくなったり雨漏りなどのリスクが増したりすることは必然です。家の美観をずっときれいに保つことは、家を快適で安全にキープすることにもつながります。屋根の見た目で気になることが出てきた時は、信頼できるリフォーム・修理業者を探してみましょう。家の状態に合わせてしっかり診断し、アドバイスをくれる業者がおすすめです。

SNSでもご購読できます。