妊婦のための歯医者治療

妊婦の歯科治療は重要

歯科治療はどんな人であっても利用するべきものであり、妊婦も例外ではありません。妊婦というのは普段とはさまざまな状態が異なっているため、口腔ケアに特に注意しなければいけません。ホルモンバランスの変化によって口腔内の環境が変わり、ケアが難しくなります。実は妊婦のときというのは虫歯や歯周病にとてもなりやすい時期といえるのです。
もし妊婦が虫歯などの歯科疾患になってしまうとお腹の中の赤ちゃんにまで影響を与えてしまうため注意しましょう。妊娠したあとは積極的に歯科医を受診するべきなのです。

妊娠中の歯科治療

妊娠しているときに歯科治療を受ける必要のあるケースは多いです。女性ホルモンが増加することで唾液の分泌量が減ってしまい、そのせいで歯周病や虫歯にかかりやすくなります。免疫力も低下していることが原因の1つとされています。また、つわりの影響にも注意しましょう。つわりによって胃酸が逆流してしまうことがあるのです。そうなると口の中は酸性の状態になってしまいます。口の中がボロボロになってしまい病気にかかりやすくなるのです。妊娠中で口に歯ブラシを入れるのも億劫になるというケースもあります。

春日井市で営業しているみやうち歯科医院は腕が良い歯医者として知名度が高いです

妊婦に配慮した歯科治療を受けられる

妊娠中であっても虫歯の治療や親知らずの抜歯などが必要なケースがあります。そういうときには麻酔の影響を心配する人がいるかもしれません。基本的に歯科治療の麻酔というのは局所麻酔であり、これは母体や胎児に影響することがないとされています。そのため、安心して歯科治療を受けることができるのです。ただし、事前に自分が妊娠していることを歯科医に伝えることは大切です。そうすれば妊婦のための歯科治療を配慮して行ってくれるでしょう。

赤ちゃんの口腔ケアについても相談できる

無事赤ちゃんが生まれたならば、その後も歯科医のお世話になるとよいでしょう。歯科医では赤ちゃんの口腔ケアについても面倒を見てくれます。赤ちゃんでも虫歯になる可能性があります。そのため、しっかりと親が赤ちゃんの歯を管理する必要があるのです。どのようなケアをすればいいのかわからないときには、歯科医に相談してみるとよいでしょう。そうすれば、赤ちゃんの歯のケアの仕方について詳しく教えてくれます。子供が小さいうちに正しい歯磨きの仕方を教えるとよいでしょう。そうすれば子供は成長してもキレイな歯を維持できるようになります。

SNSでもご購読できます。