動物病院の看護師も国家資格に

さまざまな仕事を受け持つ動物病院の看護師

動物病院の看護師は、人間がかかる病院の看護師同様かなり幅広い業務を担当するお仕事です。治療の補助を行う役割も求められますし、治療を嫌がるペットをあやす・餌を与えるといったペットの世話をするといったさまざまな雑用をすることも求められます。そのため、獣医師同様動物の扱いが達者でなければなりませんし動物への深い愛情も仕事上欠かせません。しかし動物看護師は2020年現在働くにあたって絶対に必要な資格がないため、法律上は素人の方でも採用されれば動物病院で働くことができます。

2020年現在の民間動物看護師資格

2020年現在、「動物看護師」にあたる資格は2011年に複数の団体が統一された「動物看護師統一認定試験」が代表的です。これは一般財団法人動物看護師統一認定機構が実施している試験なので、現在のところ動物看護師は国家資格ではなく民間資格ということになります。試験は犬・猫に関する動物看護学を試験範囲とするマークシート方式の試験になっており、合格率は80%を超えているため決して難しい試験ではありません。ただし、試験は年度ごとに3月だけの一発勝負なので試験前に確実に合格できるよう対策をしておく必要があります。一般財団法人動物看護師統一認定機構のページによると、現在この資格に登録している方は25,000名以上いらっしゃいます。現在ペットの動物病院で働く看護師の方も、多くがこの資格を取得し必要な知識・スキルを取得しています。この他に、ペットに関する資格としていずれも民間の「動物介護士」「動物健康管理士」といった資格も存在します。

愛玩動物看護師が今後国家資格に

2019年6月に「愛玩動物保護法」という法律が成立したため、間もなくこの法律が施行され効力を持ちます。今後は動物看護士が国家資格となるため、今後受験資格や指定養成機関などに変更がある可能性も考えられます。受験資格も大学や専門学校で学んだ方ということが明確になるため、動物看護師として働きたい方が進路を定めやすくなる点も同法の大きなメリットです。2020年10月には愛玩動物保護法の施工日が2022年5月1日からと決定したため、今後さらに新しい情報が更新される可能性も少なくありません。これまでの動物看護師と異なり、資格名には「愛玩」という単語が入っているためこの資格は犬・猫といったペットの動物病院で働く方を念頭に置いた資格であることがわかります。これまでは動物看護師としてできる「独占業務」の範囲が曖昧だっただけに、法律が施行されることで動物看護師の業務範囲が明確となることが望まれます。

つくば市で動物病院を運営中です

SNSでもご購読できます。