傘に関すること。贈り物にも最適。

傘の発祥は、貴人(王族・貴族・高僧など)身分や高い地位の人の頭上にかざし、日差しを防ぐのを目的としたのが始まりとされています。
古代における、履物の発祥であるサンダルにもよく似ているのかも知れません。

日本においては、やはり中国伝来の和傘の歴史やヨーロッパから輸入された洋傘の歴史があります。
明治の初め頃は散髪脱刀令が発令されたことから、持った姿が帯刀しているかに見える傘の所持を、庶民が禁じられてしまうようなこともあったようです。

単に雨よけの目的でなら、現在では安価な中国製の傘が溢れ、品質も向上していているためなんら不都合はありませんが、
贈り物や使う人の満足感のために高級傘を捜すのなら、イギリスの英国王室御用達、フォックスアンブレラ(FOX UMBRELLAS)、
日本の皇室御用達である前原光栄商店の傘が有名です。

フォックスアンブレラの傘は、畳んだ姿がとてもシャープでスタイリッシュです。
手元も細く長く、シルバーニッケルの繊細な加工が際立つ手元やデザインに独特な華やかさがあります。
霧雨のような雨の日が多い国ならではの傘です。

前原光栄商店の傘は、傘に多いプリント生地ではなく、織物生地を使用した重厚感ある傘です。
高級感ある柄を織りなす生地の堅固さと、16本骨仕様で(通常は8本骨)開いた際、円形に広々と開くシルエットが特徴的です。
素材の良さと造りの確かさで長年の愛用にこたえる事ができる傘です。

どちらの傘も、手元に滑り止めのタッセル飾りがついている事が多く、一目でわかります。

このように、一口に傘を言っても様々な種類があります。そこで今回ご紹介したい傘はこちらのお店です。
「オカダ洋傘店」http://www.kobe-okada.com/
元町にあるこちらの傘専門店は、贈り物に最適です。60年以上経営している老舗で、日本製にこだわり様々な種類の傘を展開しておりますので、お探しのデザインがきっと見つかるはずです。

SNSでもご購読できます。