ニキビは皮膚病!きちんと皮膚科へ

ニキビは誰しもが過去に経験したことがあるはずです。ニキビの治し方は人それぞれなのではないでしょうか。生活習慣を改善する、市販薬を使用するなど様々あるなかで、皮膚科におけるニキビ治療のメリットを紹介します。

例え軽度のニキビであっても皮膚科で適切な治療を受けることよってさらなる悪化を防ぎ、いち早く治療することができます。しかも我流のやり方と言うのは時にニキビを悪化させてしまいますので、皮膚科であれば正しいスキンケア方法などのアドバイスを受けることができ、今後の再発リスクも減るはずです。

皮膚科によるニキビの治療法としてはまず薬による治療があります。この薬には一般的に2種類あり、患部に塗るタイプである外用薬といわゆる飲むタイプである内服薬があります。外用薬にはニキビの原因菌であるアクネ菌を殺菌するための抗生物質が含まれたものが処方されます。また毛穴の詰まりを取り、詰まりにくくするような薬もあります。内服薬も主に抗生物質です。

またニキビは、ビタミン不足やストレスなどの影響でホルモンバランスが崩れると出来てしまうのでビタミン剤の処方やホルモン薬の処方などもあります。特に重度のニキビには外科的治療と言う選択肢もあります。

練馬の皮膚科は笑顔の絶えない親しみやすい病院として、地域の方から愛されています。ニキビ治療の実績はもちろんたくさんあります。最新の光を当てて治療する方法も行っています。

SNSでもご購読できます。